自然栽培綿カーテンギャラリー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

マスク 販売を始めました

令和2年10月10日

コロナ禍の中でマスクの需要が異常なくらい起きています。 私は手作りで何とか家族の分は、間に合わせようと考えていました。そのような時に一本の電話が入りました。「マスクが無くて困っています」そうかと思い、お作りしました。感謝されました。

そのあとで、「そうだよな、当社のカーテンを作っていただいた方は困っていらっしゃるのでは」と思い、夏までに何とか少しでも作ってご案内しようと考えました。そして、試作づくりから入りました。どうせ作るのなら特徴のあるものを作りたいと思い、試作を重ねること5ヶ月かかりました。試作の枚数も100枚を超えました。

やっと90%位納得できるものが出来て発表しました。気が付きましたら9月に入っています。10%のことは後ほどで。

何をやっているんだと自分に言い聞かせました。でも、作ったマスクは秋までは使えるものです。何とか使っていただき、秋以降のマスク作りを急ごうと。そして、生地選びをして又、試作です。形は出来ていますので生地質に合った細かいところの修正でOKです。

すべて納得いかないのはその人に合ったマスクが作れない。それがマイナス10%です。

少しでも近づけるために、イージーオーダーの作り方をすることにしました。 規格品が合う方は問題ありませんが、無理な方には、縦、横の寸法をご指示頂きお作りします。1週間お時間を頂きます。金額は規格品と一緒です。 オプションも少し考えています。 「どうせ、マスクをするなら楽しんで使えるマスクを」が当社のコンセプトです。

マスクもこれからは隠れたファッションとして楽しむ時代になるのではないかなと思います。

たかがマスクだけど、されどマスクの苦しみを感じて楽しんでいます。

小さなものほど変化が難しく、身近なものほど難しい。 でも、遊び心も必要だと思います。

当社のマスクはゴムと紐です。場所によって変化を楽しめます。

思いやりのマスク

マスクの評価、好みはいろいろです。当社では、夏用と秋冬春用に分けて作っています。

自然栽培綿の糸を使い織りあげた。夏は極細の平織生地、秋冬春は温かみのある綾織を中心とした織物です。絞り染めの糸を使った柿渋、よもぎ、ざくろがあります。その中で、抗菌、防臭、防虫、化学物質の分解などの効果を持っていると言われている柿渋をメインに使っています。

デザインはABCの3種類からAを規格デザインとしています。サイズは高さ、幅と指示いただければ対応いたします。

耳にかける紐は極細生地のバイヤスとゴムの2種類です。 一般にはゴムをつかいます。 オーダーを受けてから製作致します。一週間ぐらい。(多少の在庫はあります) 商品をお送りする場合は、ラップで包装して郵便等でお送りします。 箱に詰めたりなどはいたしません。(量が多いい場合はそれにあった箱を使います)商品コストを下げるためとごみを少なくするために無駄を省いています。

価格 ゴムマスク¥2.500  紐マスク¥3.000(税、送料込み)

夏マスク

極細生地でバイヤステープを作り、上下耳の部分に使用6mm

裏がバイヤステープのものです。

裏側

秋冬春マスク(自然栽培綿)

バイヤステープは9mm

現在、茶綿のバイヤスは使っておりません。

マスク秋冬春用(柿渋)

新型コロナウイルスが終息しないまま、インフルエンザや風邪ウイルスで悩むシーズンになっていきます。
マスクは欠かすことができません。
当社では秋冬春用として柿渋染めの織物のマスクを中心に製作いたします。
何故、柿渋なのか。以前から消臭、抗菌、防虫、防腐、防水、化学物質を低減させるなどの効能効果があることを知っていたからです。そして確認のために再度調べましたら、広島大学の研究チームでは平成25年2月6日柿渋の強力な抗ウイルス作用を証明。柿渋タンニンが種々のウイルス成分を不活性することを検証と出ていました。
そして、さらについ最近、
令和2年9月15日プレスリリースで奈良県立医科大学が、新型コロナウイルスに対する研究結果について令和2年9月1日に5分で最大99.992%の不活化が確認された。
このような情報の中で、当社としては、マスクを作るのであれば、少しでも皆様のお役に立てればと思い柿渋マスク作りを決定いたしました。
染は糸染めと絞り染めの2種類です。絞り染めは風合いがあります。
生地は、綾織りとななこ織りの2種類を作ります。
デザインは2種類、サイズは基本2種類ですが、寸法のオーダー注文もお受けします。
ゴムを中心に作ります。ゴムが駄目な方は、別注でバイヤスの紐止めがございます。
柿渋染めのUVカット率は99%です。(他の自然栽培綿マスクも92%以上です)

洗濯

水洗いしてください。(水につけ軽くゆする程度でいいです)

強く洗いますと柿渋が少しずつ取れていきます。
水洗いでも、少し色落ちします。そして、周りの白綿のバイヤスが少し染まります。
それも風合いとしてみてください。バイヤスを使わない商品もございます。
洗いたくない方は陰干しするだけで結構です。不安な方はアイロンがけしてください。スチームは使わないでください。柿渋はウイルスを不活化しますので問題ないと思います。

水洗い後は陰干しをしてください。

天日干ししますと色が抜けてきます。通常使用しているときも少しずつ変化します。完全に日焼けしますと白綿に戻ります。その前に再度染めていただければ柿渋の効果、効能を維持し長く使えます。

一般の自然栽培綿のマスクもご用意できます。
ご不明な点はご相談ください。

柿渋絞り染め(綾織)

写真の色は参考にしてください。小ロットですので色は変わります。

 

裏(中央の生地が同じ場合と表地が中央に来る場合もあります)

斜子織りです。

参考です。まだ、未完成です。ご希望の方はご連絡ください。

大型マスク(高さ14cm)

裏(固定させるためにバイヤステープを使用)

大型マスクの裏側です。写真が大きいので前後させました。

固定の為のバイヤスです
大型マスク(16cm)

染生地の効果効能

柿渋(前ページで説明)

ヨモギ

ハーブの女王と呼ばれています。
優しい色(薄い緑)にいやされます。
殺菌作用
身に着けていることで、血行を良くする、利尿効果、腸内環境の改善、シミ・シワの予防、アトピーの改善効果があると言われています。
キク科のアレルギーを持っている人は注意してください。

ザクロ

抗菌性
 天然植物性エストロゲンは、女性ホルモンと同じような効果があり、子宮、卵巣などの生殖器の発達を促します。
黒に近い紺色

五倍子(ふし)

抗菌性(雑菌の繁殖を抑える)
防臭効果
 黒に近い紫色
 お歯黒に使われているものです。

薬草とは、太古の昔から人々の経験で語り継がれてきた薬用に活用できる植物。
その一部ですが、マスク、マスク袋を作りました。
身近に薬草の効果効能を感じていただければと思います。

自然の力で気が付かない間に体質改善が出来ればいいなと応援致しております。

自然栽培綿できれいな空気を吸い、薬草染で体を癒してください。

マスク袋のご案内です。
マスク袋は、マスクを同時に御購入いただいた方には¥700(税込み)で販売いたします。
マスクのみの方は¥1.500(税込み)で販売させていただきます。

自然栽培綿マスク

商品説明

生地   自然栽培綿
糸    手紡ぎ(白綿・茶綿)
栽培方法 自然農法
綿生産国 中国
織り   力織機(紡績機の1/10の速度)平織・綾織・杉綾
縫製   日本・手作り
縫製糸  綿・ポリエステル
規格   男性(W12cm×H12cm・W12cm×H13cm)ゴムか(19cmの紐)
     女性(W11cm×H12cm)ゴムか(19cmの紐)
        サイズは型紙寸法です。
Hはバイヤステープの厚み(3mm前後位)がプラスになります。
Wは鼻先から耳に向かって必要な所、Hは鼻筋からあご下1〜2cm
イージーオーダーもお受けします。W,Hの組み合わせを指示ください。
生地   夏用1種類、春・秋・冬4〜5種類 
どれでも季節関係なく使っていただいても構いません。
縫製枚数 60枚/月
包装他  簡易包装・タグ・洗濯表示はいたしません。
     化学物質過敏症の方にもお使い頂けるように考えています。
化学物質 不使用
UVカット 紫外線カット率92%〜99%(日本紡績検査協会 近畿事業所)
     (自然のカット率です。手紡ぎの綿毛・綿油が効果をもたらしています)

洗濯方法

洗剤   無添加石鹸
洗い方  つけ洗い・手洗い(綿毛・綿油を長く維持するためです)
乾かす方法
・アイロンがけ 濡れたマスクを絞り、半渇きでアイロンをかけてください。そうしますと、生地のシワが少なく早く乾きます。(夏用マスク)
・「陰干し」生地を手のひらにのせてたたいて下さい。
干す時に、気持ち指で生地を伸ばしてください。
乾いた時にも軽く指で伸ばしてください。
柿渋マスク
 水で軽くつけ洗いして陰干ししてください。
 大体のしわはなくなります。

生地の特徴として細かいシワがあります。手紡ぎの寄りです。それなりのあじです。

マスクの特徴

生地は一枚です。二重にはなっていません。
夏用につかう生地でバイヤステープを作りふちどりと耳にかける紐に使用。
マスクの作り方は、左右の生地を中央で縫い付けています。
マスクは、鼻の高さで止まり、あごのところが開くように作ってあります。
紐の絞りで調整をします。緩くしますとあごの所が開きます。
絞ればあごに近くなりますので普通のマスクのように使えます。
講演される場合は、緩めてください。話しやすいです。
飛沫は飛ぶことはありあせん。気になる場合は、少し閉めて下さい。
ウイルスの感染する多くは飛沫によると言われています。飛沫を出さない、飛沫を受けないための気配り、気遣いである思いやりがマスクです。

このマスクは、夏の暑さ、熱中症対策と化学物質過敏症の方が使用できるマスクと思い考案したものです。いろいろ試作をしてここまでたどり着きました。

これから先は、皆さんの工夫でマスクファッションとして個性を出していただければと思います。
縫製も完ぺきとは言えませんが、頑張りました。
これからも精進してより良いものを作っていきたいと思います。
 自然栽培綿マスクを通して自然の空気を吸いましょう。

お問い合わせ

きなりの部屋 芥川
 п@042-512-7612  携帯 090-3108-1098