オーガニックコットンを超える「自然栽培綿」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check
お問い合わせ
取扱店・ショールーム
自然栽培綿カーテン・ギャラリー
よくある質問|Q&A

協力企業・団体

自然栽培綿とは?...オーガニックコットンとは違うの?

自然栽培綿とは?

自然の恵み、紫外線カット商品

自然栽培綿カーテンは、化学加工をしてなくても紫外線をカットします。検査の結果、ガーゼレースで60%前後、白綿ドレープで90%以上、柿渋染め、茶綿98%以上。茶綿などは以前から言われていましたが、白綿がこれほどの成果がある事を、検査して初めてわかりました。理由は、手紡ぎの綿毛と綿油だということです。綿毛と綿油で膜を張っていることではないかと言う事です。必要な紫外線は吸収し、不必要な量は入れないという自然植物の力ですね。

マンガで分かる「自然栽培綿」

 

まんがで分かる「自然栽培綿」
ページ|23456789

自然栽培綿を直に見れる、触れる 〜全国にショールーム・取扱店を展開中〜

きなりの部屋では自然栽培綿を直に体験頂くため、全国にショールムや取扱店を展開しております。
また、お近くでご体験できない方のために有料サンプルの貸し出しも実施しております。

更新情報

新宿にサンプル帖を常設展示
CLUB OZONEスクエア
カタログライブラリーに登録

場所
東京都新宿区西新宿3−7−1
新宿パークタワー7階
電話 03−5322−6532
10:30〜19:00
毎週水曜日休み 祝日は除く

自然栽培綿カーテンを発売して14年、4000軒を超えるお客様との触れ合いがありました。
皆様のお役に立てて良かったと思っています。
今年度は新製品として、よもぎ、ザクロ、五倍子で染めたものを提案しています。
今後ともよろしくお願いいたします。

自然栽培綿カーテン「きなりの部屋」

化学物質過敏症支援センター推奨商品

会社名 きなりの部屋
代表取締役 芥川 友慈
所在地 〒190-0015 東京都立川市泉町1156-4-612
TEL 042-512-7612
FAX 042-512-7644
E-mail kinarinoheya@ybb.ne.jp
kinari @tmtv.ne.jp

化学物質過敏症

身の周りで当たり前のように使われている、さまざまな化学物質に反応して苦しむ病気。
一度に多量の化学物質に浴びたり、少量でも長期にわたって浴び続けることによって、その人の体の許容量を超えた時に、一気に発症します。

一度過敏症になると、ごく微量の化学物質に接しただけで強い拒否反応を繰り返し示すようになります。重症になると日用品のほとんどのものがつかえなくなります。また、電磁波にも反応するようになると、家電製品が使えなくなります。

治療としては有害物質を生活環境から取り除く、有害物質を体外に出す、免疫力を高めるが基本的な治療です。そのためにはバランスのとれた食事、きれいな空気を吸う、有酸素運動などを心掛けてください。
平成21年10月、国に病名認定され、保険診療が受けられるようになりました。

(上記の内容は化学物質過敏症支援センターの内容を抜粋させていただきました。より詳しいお話をお聞きになりたい方は、下記にご連絡ください。)